2020年


セミの抜け殻を撮ってみました。


セミ(蟬・蝉)とは


卵から幼虫、そして成虫という不完全変態をする鳴く昆虫で、約3,000種類が知られている。

日本では、アブラゼミ、ミンミンゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ、ヒグラシが知られている。

飛ぶ能力が高く、羽音を立てながらかなりの速度で飛ぶ。

鳴き声や鳴く時間帯は種類によって異なるため、種類を判別するうえで有効な手がかりとなる。

セミを捕えるのに失敗すると、逃げざまにおしっこをかけられることが多い。

成虫として生きる期間は、1か月程度と考えられるようになってきている 。

夕方、地上に現れて日没後に羽化を始める。

木の幹や葉の上に爪を立てたあと、背中が割れて白い成虫が顔を出す。

成虫はまず上体が殻から出て、足を全部抜き出し、多くは腹で逆さ吊り状態にまでなる。

その後、足が固まると体を起こして腹部を抜き出し、足でぶら下がって翅(はね)を伸ばす。

翌朝には外骨格が固まり体色がついた成虫となる。

成虫も幼虫と同様、木に口先を刺して樹液を吸う。


麻紐で作ったバッグ

今日、麻紐で作ったバッグ


あなたの歌を通信カラオケに配信しましょう!

あなたの歌を通信カラオケに配信しましょう!



コメント

お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス

正しいメールアドレスを入力してください。

URL

正しいURLを入力してください。

タイトル

タイトルを入力してください。

タイトルに不適切な言葉が含まれています。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

2020年

ピックアップリスト

バナー

リンク集

お電話でのお問い合せはこちら

0569-62-2572